長期滞在、医療観光で大きく注目されるマレーシアペナン島|不動産投資にも注目が集まっています。
Living in Penang 1 Living in Penang 2 Living in Penang 3 Living in Penang 4 Living in Penang 5 Living in Penang 6 Living in Penang 7 Living in Penang 8 Living in Penang 9 Living in Penang 10 Living in Penang 11 Living in Penang 12 Living in Penang 13
  ペナン島

ペナン島はマレーシアの北西に位置する南北24km、東西15kmのシンガポールの半分ほどの島で約160万人が住むマレーシアの第2の都市です。首都クアラルンプールからは飛行機で約45分、高速道路で約300km離れています。今後高速鉄道が出来る計画も上がっています。

ここ3年間で、その真価を発揮しつつあるペナン。統計データを次々と塗り替え、マレーシア国内でも羨望の的となっています。飛躍的な発展を続けるペナンは、居住地としてはもちろん、投資先としても、今もっとも熱い注目を浴びているエリアです。マレーシアマイセカンドホーム(MM2H)プログラムを利用して移住する人々にも、一番人気のペナン。洋の東西を問わず、さまざまな国籍の人々が、新たな住まいとしてこの地を選んでいます。

ペナンは貿易港として栄えた歴史から、マレーシアでは珍しく中国系マレーシア人の比率がもっとも高くなっています。ペナンには、100以上もの中国系氏族が住んでおり(ペナンは世界でもっとも多様な中国系氏族が集まる地域となっています)、通商貿易や文化に関する体系にも、その強い影響が見て取れます。

経済は4年前に与党支配から中華系が主導する野党へ政権が移り、主任大臣が度々シンガポールを訪れシンガポールの成功をお手本に政治の安定、透明性、再開発を進めています。

その成果が出て、ペナンを投資先とした 2011 年度の海外直接投資(FDI)の総額は、RM91 億(マレーシアリンギット)に達しました。これは、同国の FDI 全体の16.2%を超え、ペナンはマレーシアの人口のわずか6%で 2 年連続海外直接投資のトップとなっています。現在はデル、インテル、モトローラなど多国籍企業が経済的潜在力となり、まだまだたくさんの投資が入ってマレーシアの他の都市にはない主要な工業化と変革を遂げています。優れたインフラをサポートしている最も成功した州であり、東洋のシリコンバレーとも見なされています。これが経済の大きな発展となり、不動産投資をするうえで重要なポイントとなります。

マレーシアマイセカンドホーム(MM2H)プログラムでも人気の高いペナン島には、優れた各種教育施設や地域トップレベルの医療機関が揃い、外国人居住者にとっても、魅力ある快適な居住環境が整えられています。

では、交通の利便性はどうでしょうか。ペナンでは高速道路が整備され、交通システムが発達していますので、通勤もスムーズです。ペナン島と本島を結ぶのは、最新技術を結集して造られた世界有数の長大橋「ペナンブリッジ」。 2013 年には、第 2 の大橋となる「セカンドペナンブリッジ」が竣工予定です。

改修で新しくなったペナン空港からは、アジア地域の主要都市へ直行便が就航しています。乗り入れ航空会社は、インドネシア航空、ライオンエア、カルティカ航空、スリウィジャヤ航空といったアジア系大手航空会社が定期便を運航しているほか、シルクエア、キャセイパシフィック航空、タイ航空などの地域航空会社が、便利なスケジュールで運航しています。

ペナン州の州都であるジョージタウンも発展を続けています。 ECA インターナショナル社が 2010 年に行った「もっとも住みやすい都市」の国際調査において、 ジョージタウンは、アジア地域の254 都市中、第 8 位に選ばれています。この調査は、各都市を対象に、気候、医療サービス、住宅、公共設備、娯楽施設、インフラ、治安、空気汚染度といった項目について生活水準を分析し、順位付けしたものです。

ペナンの生活水準はクアラルンプールと同程度とされていますが、ペナンにしかない魅力もあります。ペナン島は、発展を続ける新興都市の活気と、UNESCO 世界遺産にも指定されたジョージタウンに見られる古い歴史の薫りを併せ持った、魅力的な島です。多くの人々が、この地のロマンと、のんびりした島の生活に魅せられて、ここに居を構えるようになりました。ビーチリゾートのバトゥフェリンギは、最高の避寒地です。丘と豊かな緑に囲まれたペナンの魅力とあいまって、自然を愛する人々からも大きな支持を得ています。

ニューヨークタイムズ紙が調査した「人気の海外旅行先」にペナンが登場しているのもうなずけます。また、Yahoo!トラベルの調査による「人生で 1 度は行ってみたい島ベスト 10」にも選ばれています(2011 年 2 月実施)。もしもペナンで暮らすとしたら、いったいどんな生活が待っているのでしょう―あなたは毎朝、リゾート地にたたずむ自宅で目覚め、目と鼻の先にあるエキサイティングな都心でビジネスミーティングをこなし、来客があればUNESCO世界遺産であるジョージタウンの散策に案内し、バトゥフェリンギビーチに立ち並ぶ 5つ星ホテルでのフォーマルパーティーに参加する―こんな贅沢なスケジュールが、たった一日で全部こなせてしまいます。